工数?人月単価?システムエンジニアが使う専門用語をチェック!

【ITお仕事解析場】-システムエンジニアの魅力-

システムエンジニアが使う専門用語

システムエンジニアが使う専門用語

Pocket

業界人気分で、システムエンジニアの専門用語をチェック

世の中には、己の専門知識とスキルで価値を生み出すフリーランスが多く活躍しています。例えば弁護士に相談するならば、常識的に考えても時間単価は高いでしょうし、契約書一枚の作成にもそれ相応の報酬を覚悟します。なぜこれほどのステイタスを弁護士業界が勝ち得たのかといえば、かつてれっきとした報酬基準が存在し、業界全体でそれに沿った報酬を請求できたからです。そして近年増々需要が高まっているシステムエンジニアにも独自の業界事情があります。

システムエンジニアの値段を決めるもの

さて何事にも値段がある時代、システムエンジニアにも当然値段が付きます。ただし多くの場合、あるプロジェクトを完成させるという請負い仕事であるため、システムエンジニアの値段はこのプロジェクトの値段に帰結します。ここで「工数」とは、ある作業を行うために何人が何日あるいは何か月従事すれば完成するのかを指し、「人日」(MD=man day)または「人月」(MM=man month)という単位で表記します。このため例えば、1人で5日かかるのも、5人で1日でも、同じく5人日になるのです。この工数は労働基準法に則って、大抵は1日8時間、1か月を20日として算出します。そして1人月あたりのコストといえば、1人が1か月間仕事に従事するためのコストを指しますが、これを「人月単価」と呼ぶのです。もっとも個々の人月単価は、そのシステムエンジニアを直接雇っている会社が決めています。

開発工数を見積もる

しかし、これから取り組むシステム開発のプロジェクトがどれ程の工数になるのかが知りたい場合には、そもそも過去に同じ仕事をするためにどれほどの人月で完成したのかという前例が必要です。そしてこのような過去の実績から将来の見積もりをある程度正確に弾き出すことができれば、それを元にスケジュールと予算を組んでプロジェクト全体の見通しを立てることができるようになります。つまりプロジェクトを構成するプログラムを書くにも、設計書の作成にも、それぞれ実績を元にした工数を弾き出してすべてを積み上げればよいのです。

誤差の範囲をできる限り小さくするには

もっとも、様々な未知のプロジェクトについて過去の実績から工数を見積もろうというのですから、正確を期するのはそう単純ではありません。というのも複数の人が共同で作業する場合には、様々な誤解や齟齬が生じたり、出来上がりの質にばらつきがあるため、それらを正すためのコミュニケーションの時間や管理が別途必要になるのです。このように実績を元に導き出したプロジェクトの工数の他に必要となる工数を管理工数と呼びます。また人月単価についても、人の能力は一様ではないという点を考慮しなければなりません。つまり人それぞれの生産性から見ると、技術力は無いのに経験年数が長くて高い人月単価の人と、技術力は抜群でも経験年数が浅くて低い人月単価の人とでは、同じ作業に対する生産性は後者の方が遥かに勝ることも大いにありうるのです。

新着の記事

システムエンジニアとプログラマの違い

混同されることが多いシステムエンジニアとプログラマとの違いを説明します。まずはここから理解を深めましょう。システムエンジニアは、プログラマよりも人と接することが多く、専門知識もさることながらコミュニケーション能力がものをいう職業です。 続き

プロジェクトマネージャーの魅力

システムエンジニアからのキャリアアップで、もっともメジャーな選択肢は、プロジェクトマネージャーになることでしょう。プロジェクトマネージャーは、ヒト・モノ・カネを管理しながら、メンバーの能力をいかに最大限に引出すことができるかが手腕の見せ所です。 続き

システムエンジニアになるために取得すべき資格

システムエンジニアになりたい!けど、何をしていいかわからない・・・という人も多いと思います。未経験者なら、まずは資格の取得から考えてみてはいかがでしょうか。基礎知識も身につき周りからも一目置かれる資格にチャレンジしてみましょう。 続き

おすすめの記事

システムエンジニアのキャリアパス

システムエンジニアになった後も、経験を積めば次のステップが待っています。自分の進む道は自分で決めていかなければなりません。更なるキャリアアップをするために、常に将来のキャリアパスを考えておくことはどの業界でも重要なことです。 続き

ITコンサルタントの魅力

ITはわからない人にとっては本当に難解で厄介な代物です。経営者にとってIT化は避けられない経営課題ですが、きちんと理解できている人は少ないものです。ITコンサルタントは、そんな人達の右腕となってIT導入を進めるスペシャリストなのです。 続き

システムエンジニアになるために読む書籍

未経験からシステムエンジニアを目指すために、インターネットなどを使って勉強を始める人も多いと思います。未経験者にとっては、1冊の優秀な書籍に出会うことも、システムエンジニアになるための近道になることがあります。そんな1冊をご紹介します。 続き

PAGE TOP

Copyright © 2014 【ITお仕事解析場】-システムエンジニアの魅力- All Rights Reserved.